会頭挨拶

第120回日本皮膚科学会総会
大会テーマ「Dermatologic Dermatropic Dermatrophic」

会頭 大槻 マミ太郎

会頭 大槻 マミ太郎
(自治医科大学皮膚科学講座 教授)

令和3年6月10日(木)から13日(日)の4日間にわたり、第120回日本皮膚科学会総会をパシフィコ横浜で開催いたします。皮膚科医ならびに関係者の皆さまを、全国からお迎えできることを光栄に存じます。

学会のテーマは、「Dermatologic, Dermatropic, Dermatrophic」としました。見るからに造語が入っており、意図が分からないかもしれません。遡ること約70年、1952年のJAMA 149:82にcorrespondenceとして掲載されているWerner Steinbergの提言、“TROPHIC vs TROPIC”からヒントを得たものです。当時、trophicとtropicは雑誌の中で誤用されており、例えばgonadotrophic(性腺刺激)、luteotrophic(黄体刺激)と呼ばれるホルモンは、hypertrophicやatrophicなど“栄養”を意味するτρoφηというギリシャ語に由来するのですが、本来は“向性”を意味するτρoπηに由来する“—tropic”を用いるべきである、という主張です。そこで私は、皮膚科に様々なことを(注目も含めて)向かわせる、そして結果的に皮膚科を肥やして繁盛させる意味で、両者を並べたいと考えました。3つ並べたのは、語呂が良いというのが理由ですが、学問(—logic)が重要であるのは言うまでもありません。

世界を一変させた新型コロナウイルス。遡ること1年前、私は副学長を拝命し、My働き方改革が60の手習いでスタートしたところでしたが、1年も経たぬうちに全学のコロナウイルス対応の司令塔を命ぜられ、全寮制を掲げる医学部700名を超える学生の全国帰省と帰寮のマネジメントを含め、“ステイ本部” の生活となりました。そしてオリンピックイヤーの2020年。オリンピックそのものの延期とともに、日本皮膚科学会が企画する学会は総会・支部総会含め、すべてがWEB開催となったところですが、そこで浮かび上がってきたのがWEB開催の賛否の議論です。ライブとオンデマンドでは意見が分かれるものの、概してWEBの評価は高いのですが、交流ができないわけですから緊張や刺激が少ないのは当然です。アクセス無制限という利点については、逆に多くの参加者が集中しすぎた時のトラブルが問題になりましたが、こちらは強力な学会チームの経験の蓄積とともに、今後解決できるものと思います。

ライブ活動を封じ込められたミュージシャンは、自粛期間中に巣籠もりして多くの作曲ができたといいます。2013年の東部支部学会の際に、学会テーマ曲を作曲して臨んだ私としても、今回も何か仕上げたいという思いは心の隅にあったものの、現実はコロナ業務に埋没してしまったこともあり、総会の準備にしても海外からゲストを招聘できるのか、三密を避ける懇親の場がもてるのか、などの不確定要素があまりに多く、準備万端とは程遠い状況にあります。実際、天谷先生から引き継いだ海外特別招聘講演がさらに次年度以降に順延となり、リモート公演案もあるデルマトオーケストラも現地に全員集合できるのか定かでありませんが、1つ確実にいえるのは、今後の学会にWEBを取り入れることがNew Normalとなるのは疑念の余地がない、ということです。今回の総会では、希望者は直接的な交流も可能なハイブリッド開催、前回と同様のWEB開催、その両者の可能性を考えて準備をしています。いずれの形式になっても、慶應義塾大学から受け継いだタスキをつなぎ、工夫溢れるプログラムを作成中です。

自治医大は卒業生スタッフがまだたった1名という小さな医局ではありますが、有意義な学会となるよう最善を尽くす所存でおりますので、一人でも多くの方にご参加いただければ幸いです。教室員一同、心よりお待ちしております。